トイレ修理なら24時間全国受付対応の【トイレ水漏れnavi】

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0120-949-745

フリーダイヤル0120-949-745

トイレの雑菌

トイレの中で雑菌の多い場所はどこかと質問した場合、お掃除を重点的に行う「便器」や「便座」と答える方が圧倒的に多いと思いますが、正解はそのお掃除を行うために使用する「トイレブラシ」です。

(財)北里環境科学センターの調査結果によると、家庭で使用しているトイレブラシ1本あたり72万~8億4000万個の細菌と、7万2000~330万個のカビが付着していると発表されていて、この数値は下水道の汚染レベルに匹敵するそうです。

トイレのブラシ自体を掃除したり、除菌する人は少数派なので、多くのご家庭ではトイレ内をキレイにするために使用しているトイレブラシがトイレの雑菌やカビの温床となっているのです。

雑菌やカビの繁殖を予防するには、ブラシ面が使い捨てになっているタイプの物を使用したり、ブラシを日光消毒して完全に乾燥させてから保管をしたりして、常に清潔な状態を保つようにしましょう。

トイレブラシを使用した後は、トイレブラシを乾燥させるためにブラシを振って水切りをされると思うのですが、せっかくお掃除したトイレ室内や、新しく取り替えたトイレマットやタオルに汚水を撒き散らして細菌やカビが付着することによって抵抗力の低い幼児や高齢者がアレルギーや腸管感染症を引き起こす原因のひとつとなっていますので、トイレのブラシも清潔に保ちましょう。

トイレに関するお急ぎの事ならトイレ水漏れnaviへご相談下さい!

スタッフ待機中!