トイレ修理なら24時間全国受付対応の【トイレ水漏れnavi】

年間受付件数20万件以上
ご相談無料24時間365日受け付けております。フリーダイヤル0800-805-6095

フリーダイヤル0800-805-6095

タンク内の部品

トイレのタンク内には様々な部品が入っていて一見複雑そうに見えるのですが、しくみを理解すると意外に簡単なものです。水が出たり止まる構造を理解して、いざというときに正しい位置に部品を戻すことができるようにしておきましょう。

タンクの中にある部品

【ボールタップ】
適切な水位になると水を止める部品なので、ボールタップが故障して機能しないと水が溢れてしまいます

【オーバーフロー管】
トイレタンク内に垂直に設置された管で、ボールタップが故障した時にタンクから水が溢れるのを防ぐためにこのオーバーフロー管から便器へと水を逃がします。

【フロートバルブ】
フロートバルブの開閉によって、タンクの中の水を便器へ流したり止めたりします。 レバーハンドルと連動しているので、レバーハンドルとフローとバルブは鎖で繋がれています。

水が出なかったり、水が流れたままの場合は上記の部品の不具合が考えられますので、それぞれの部品の特徴を元に不具合の原因を解明しましょう。 タンク内に水がたくさんたまっていたり、水が流れ続けている場合は、タンクから水が溢れる可能性がありますので必ず止水栓を止めてから作業を行って下さい。

トイレに関するお急ぎの事ならトイレ水漏れnaviへご相談下さい!

スタッフ待機中!